読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっとてっくろぐ

パソコン、ガジェット、漫画、アニメ、バイクなどなど

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 視聴後

アニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」の最終回を見終わったので、少しだけご紹介を。

ネタバレはないです。おおまかな概要は少し入ってます。

 

はじめに

毎期、何本かアニメ見てますが、今期はアクティヴレイドが1、2をあらそう面白さでした!

あくまで個人的な感想なので、あしからず。

『アクティヴレイド-機動強襲室第八係-』 ディレクターズカット版 Blu-ray Vol.2 BOX付き初回仕様版(各巻4話収録/第1期全3巻) 

総監督:谷口悟朗

アニメをよく見る方なら、ご存じの方が多いと思いますが、総監督がなんと谷口悟朗さんです!

はじめ知らなくてこのアニメはスルーしてたのですが、録画だけはしてたので見始めた次第です。(録画しててよかった)

 

代表作としては、「無限のリヴァイアス」「スクライド」「コードギアス」などが挙げられます。その他にも色々監督等やられていますが、結構見てます。

 

といったものの、監督は、秋田谷典昭さんという別の方でございます。

総監督、監督がどの程度の力関係、影響力かはよくわかってません(笑)

 

ストーリーはテンポよし!

主人公達は警察官であり、ウィルウェアと呼ばれるパワードスーツを着て、事件を解決していくと言う様な話で、基本1話完結型のストーリー。

また、全話を通して、大きな事件も絡んでいるという王道ストーリーとなっています。

 

見ていて、30分(実際には20数分ですか)たったとは思えないくらいの視聴感があるくらいテンポが良かったです。

 

漫画でもアニメでもテンポが悪く、話がほとんど進んでないものが結構あるなか、素晴らしいですね。

 

事件解決には政治なんかも絡んできたりするため、主人公たちの葛藤といった所も少しだけあります。

 

最初、子供向けアニメかと思った(笑)

最初見た時なのですが、パトランプがついた電車が線路を走っていたので、対象年齢低めなのかと思ってしまいましたが、そんなことはなかったです(笑)

 

というか大人が見ても、子供が見ても面白い話の作りだったのではないかなと思います。

前述のとおり、主人公たちは、警察官でありますから、悪を倒していくわけですね。わかりやすい構図です。

 

キャラクター原案:佐伯俊

どこかで見たことがあるようなキャラクターだなーと思っていたら、漫画家の佐伯俊さんがキャラクター原案でした。

佐伯俊さんの代表作は、「食戟のソーマ」ですね。週刊少年ジャンプ連載中でアニメ化もしました。

 

漫画家の方がキャラクター原案を担当するというのが結構あるみたいですね。

魔法少女まどか☆マギカ」は蒼樹うめさん、「PSYCHO-PASS」は天野明さん、「TIGER & BUNNY」は桂正和さんですね。

 

業界に精通してない素人が分析するに、アニメは毎期本数も多く、同じようなキャラクターになりがちですが、その中で、漫画家として成功されている方のキャラクターは無意識に目がいきます。

また、自身を持って世に出せる作品なので、有名漫画家へのオファーもできるのだと思われます。まあ、有名な方を起用して視聴率やコンテンツの売上を上げようという側面ももちろんあるでしょう。

 

2期あります!

最終回でテロップに出てましたが、「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」が2016年7月から放送するそうです。

詳しくは分かりません!

 

BDはBOXで全3巻仕様

一般的に、アニメのDVDは1巻に2〜3話程度入っているイメージでしたが、これは1巻に4話収録されていて、全3巻のBOX仕様なのだそうです。

また、オンエア版とディレクターズ・カット版がそれぞれ入っていて、ドラマCDも入ってるそうです。

 

萌え系や原作があるものが商業的に成功するイメージがあり、正直本作が商業的に成功するか分かりませんが、個人的には面白かったので評価されて欲しい作品であります。

 

 

店舗限定の特典付き版もあるそうです。

Amazonの他にも、アニメイトゲーマーズとらのあなソフマップでそれぞれ特典が違うそうです。 

CD/Blu-ray&DVD|TVアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」公式サイト

 

・・・個人的に(個人的にですよ)こういうのはやめてほしいですね〜。

   全部買う人いないでしょうし。誰が得するんでしょう。。売上が上がるなら良しとしましょう!

   好き勝手言ってすみません。。

 

 

ご覧になられていない方はぜひ。おすすめです!

 

ブログの記事に統一感が無いですね(笑)

 

ではまた!