読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっとてっくろぐ

パソコン、ガジェット、漫画、アニメ、バイクなどなど

映画「シン・ゴジラ」 〜感想〜 すごく面白い!!

7/29に映画「シン・ゴジラ」が公開されましたが、早速観てきました!

 

はっきり言って、ものすごく面白かったです!!

 

ネタバレはしない様に気になったポイントをまとめます。

 

 

監督:庵野秀明

 

皆様ご存知でしょうが、監督がエヴァンゲリオン庵野秀明さんです。

そして、この「シン・ゴジラ」はまさしく、

エヴァンゲリオン庵野監督がゴジラの監督をやったらこうなる!

という感じでした!

 

ネタバレさせないので抽象的になってしまいましたが、庵野監督といえば「風の谷のナウシカ」の一部原画(巨神兵がビームうつところでしたっけ)、「エヴァンゲリオン」のTVシリーズや新劇場版などなどが有名ですが、そのエッセンスをゴジラに注ぎ込んでいます。

 

 

本作のゴジラ

 

ネタばれではないと思うので書きますが、

本作品の世界ではゴジラ初登場になります。今までのシリーズと繋がっているわけではありません。

 

本作のゴジラは初代をオマージュして配色に赤を入れていたり、生物としてのリアルさを出すために顔が左右非対称になっていたりするそうです。

 

そしてゴジラは本作ではCGで描かれています。

着ぐるみではなくフルCGです。

 

フルCGのゴジラを見た感想ですが、すごく良かったです。

人間が入っていないので、人間らしさがでないというか、禍々しさがあるという印象を受けました。

 

ちなみに動きは、モーションキャプチャを使って取り込んでいるそうです。

 

邦画のCGはハリウッドとよく比較されて叩かれることが多いですが、シン・ゴジラのCGは叩かれることはおそらく無いでしょう

CGの違和感はなかったです。

 

私は映画評論家でもCGに精通しているわけではないという前置きをしておきますが、

ゴジラのCGすごく良かったです!

 

 

ゴジラvs人類

 

宣伝で伝わっていると思うので書いてしまいますが、

話の大枠としては、ゴジラvs人類です。

圧倒的なゴジラに対して、人類がどうやって対抗するかという話ですね。

 

 

人類側はリアルな演出

 

ゴジラはまあSFの象徴的なものがありますが、人類側の対応は終始現実的です。

政府の対応や対抗策の検討などなど。

 

なんというか、表舞台にでることのなかった裏側を垣間見ているような感じでしょうか。

 

 

圧倒的セリフ量

 

これも主演の長谷川博己さんがTVで言われてたので書いてしまいますが、

官僚は早口で話すから早口で話して欲しいという依頼を庵野監督からされたそうなんですが、たしかに皆早口でしゃべってました(笑)

 

そして、詰め込めるセリフが増えるので、ものすごい量のセリフになってます。

 

 

ゴジラ強し

 

本作のゴジラ今までのゴジラ同様、強いです!

絶望的なくらい強い。。

 

実際にご覧頂ければ分かると思います。 

 

 

小さいお子さんには難しいかも

 

人類側の台詞が早口だったり、政治や軍事の専門用語だったりが飛び交うので、小さいお子さんには難しいかもしれません。

 

個人的に思うに本作は大人向けだと思います。

 

平成ゴジラではメカゴジラと戦ったり、モスラと戦ったりとプロレス要素が強かったので、 小さいお子さんでも楽しめたかなーと思いますが、本作は難しいでしょう。

 

ただし、大人は楽しめると思います!

 

 

最後に

 

ゴジラ庵野秀明エヴァンゲリオンといったキーワードが少しでも気になっている方、観るべきです!

友人知人からネタバレされる前に観るべきです!(笑)

 

Blu-rayも欲しくなってしまうくら面白かったです!

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 

 

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

 

 

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016